レイアのグルメ日記

食べ歩きが趣味な手作り大好きレイアです。

グルメな日記とホームメイド、パンやケーキを書いていきたいと思います。

友人達に言わせると、かなりの甘党らしいです。

アタシがおいしいーと書くのは、甘いお店がおおいらしい。(*´д`*)

実家の古いアトリエを使って、1日教室やイベントを主催しています。

2018年11月13日(火) 13時~プリザーブドフラワー教室

要予約です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

熊谷医院のこと

2018年4月11日(水)、東京は風が台風のように強かった。最大瞬間風速のその時、13時頃に93歳の母は庭で転倒した。バラが倒れてしまって夫婦でバラを立て直していた。風が強いから外に出ないで、と言ってるのに何度も出てくる母。40kちょっとなので風に煽られて植木鉢に腰を強打。
部屋には歩いて入ったが、痛がるので、30分後に、江古田の東京総合へ救急搬送しました。
GGzfET4CODB2PLs1525103184.jpg 

救急車内は無音カメラで!
M3uKdlIFdGo1hHH1525103163.jpg 

肋骨を3本折りました。(泣)入院するまでにはなく、帰宅、金曜日に再診察しましたが、肺に水もそんなに溜まってない、認知で入院は難しく、在宅治療と決めました。

その後は往診していただいている熊谷医院に電話や、私だけが行って話をする毎日。
早めに肺炎の抗生剤を処方していただきました。3ヶ月前からお父様に代わって娘さんが主治医になっていました。若いのでテキパキと勧めていただきました。

1週間後に熊谷医院でレントゲンを撮りました。築53年くらいの熊谷医院の2階のドアノブは古かった。こんな感じ。
4sWbpp8xxqhCExv1525010368.jpg 

私は中学生の頃、熊谷医院の2階で盲腸の手術を受けました。当時はようこ先生が執刀、全身麻酔ではなく、意識があるなかで医師が、これが盲腸!と私の目の前でブラブラさせ、腸の働きなどを話し始めた。痛いのに(泣)その後、部屋へ行くと、この病室で壺井栄は亡くなったなどと言われ14歳の私はビビりました。

昭和12年創業の熊谷医院は、昔は上鷺で開業していて、私の祖父がもっと駅の方へ引っ越すように言ったと聞いています。ママ友のMさんはおじいさんから医者に土地を売ったと覚えていました。
祖父亡き後、祖母はアトリエの借金などでお金がなく、熊谷医院には祖母の絵で支払っていたそうです。何枚もありました。

母はその後、便秘になったり、筋力低下で歩けなくなったり、37度の熱が続いたり、まったく食べなくなったりしてましたが、2週間を過ぎて、なんとかディへも行けるようになりました。
私は2週間も1階の母のとこに寝ていて睡眠不足で倒れそうになりながらもまったく痩せず(泣)
福祉用具の見直し、介護の変更などで昼寝もできませんでした。2週間も仕事を休んだよ!
エンシュア・リキッドという補助食品がまずいので寒天で固めてはちみつをかけたら食べました。
あとはうなぎです。1人前で配達してくれる下井草うなよしに感謝だわ。

今年のはじめから、母のとこにネットワークカメラをつけました。スマホで母が動くと通知がきます。安くて便利です。
https://www.amazon.co.jp/dp/B074SYD8VX/ref=pe_2107282_266464282_TE_dp_1

昭和35年の鷺宮商店街の地図を書いたりしています。

| わたくしごと | 01:12 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌へ

母と二人で札幌へ行ってきた。祖父の美術館があるのです。
介護で車椅子を借りているので、全行程車椅子にしました。歩けるけど。
チケットをネットから買い、バリアフリーのホテルを探しました。
参考サイトはこちら
ググったり、札幌市役所へ電話で聞いたり、10以上のホテルへ電話し確認しました。
バリアフリーの部屋があっても玄関は階段だったり、レストランは階段だったり、ホテルに駐車場はないと言われたり。ベッセルイン中島公園は、エレベーターから近い、バリアフリーの部屋はすべて段差なし、身障者駐車場は近いし、3日は予約で場所確保できました。千歳でレンタカーを借りて車椅子を乗せ、ホテルにチェックイン前に北海道立文学館へ。
祖父の異父兄は子母澤寛、そこで学芸員からの聞き取り調査を受けました。
子母澤寛は大森に住んでいていつもお菓子をくれて優しかったと母は覚えていました。
2017_11_20_11.jpg 
あくる日は今回のメイン北菓楼札幌本館へ行きました。昔の三岸好太郎美術館を買い取ってリノベーションしてカフェもあり祖父の絵も飾っていただいてます。大正15年築。
文化財にしたら?と提案してきました。
2017_11_20_8.jpg 
この階段でテープカットしました。
2017_11_20_10.jpg 
大正15年築、壊さないという条件で北海道から購入したそうです。
東京では手に入りにくいというシュークリームは美味しかった。

三岸好太郎美術館はリニューアル中でしたが、玄関脇の喫茶店で歴代学芸員が揃って会食。
2017_11_20_9.jpg 

さすがに深夜に母は洗面所で転倒、札幌の整形外科を受信しましたが骨は折れていませんでした。
でも痛がってる!!

| わたくしごと | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

92歳の母の誕生日

お誕生日の当日に「お誕生日特典」でググったらありました。
永福町の不二家のレストランへ2人で行きました。
証明もみせないで無料でやってくれます。何か食べればよいのでエビフライを夕方に食べました。

母の名前と92歳のお誕生日とアナウンス。
お客さん、店員が拍手、陶器製のケーキとペコちゃん
2017_4_21_2.jpg 
おまけ付き
2017_4_21_3.jpg 


最初は子供じゃあるまいに!と怒った母でしたが、写真もカードにしてくれて飾ってます。

| わたくしごと | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

家族写真を古民家で!

7月にアトリエにロケハンに来たカメラマンがファミリーフォトを撮るカメラマンだった!
そしてそのメンバーが赤ちゃんパンを作ってるパン屋を紹介してくれた。
8月の真夏のイベントはカメラマン8名で何組かの家族写真を撮るイベントでした。
そして孫が9月に1歳になる。んじゃ、うちも撮ってもらおうかと。
家族写真を古民家で!よかったらどうぞ!

赤ちゃんパン、卵もミルクも使ってない、赤ちゃん用のパン。
最近は1歳の誕生日に一升餅を背負って写真を撮るらしいが、一升パンをお願いした。
お婿さんの両親、娘一家、うちの3家族が揃ったので、山分けしました。
2016_9_16_1.jpg 

ランチはケータリングを鷺ノ宮イタリアンにお願いした。
牛頬肉煮込み、自家製サルシッチャ、生ハム、イタリア風オムレツ、どれも美味しかった。
2016_9_16_6.jpg 

お誕生日ケーキは娘作。
手前は私の作ったグレープフルーツのゼリー。
2016_9_16_4.jpg 

アトリエで撮影。2時間で撮り放題!データーで送ってくれます。
私たちも入ったり、外で撮影したり、いろいろ。
2016_9_16_5.jpg 

ついでに母の遺影も。私のプロフィール写真も!
ひ孫を抱いてご機嫌の母。ずり落ちそうだけど(笑)
2016_9_16_2.jpg 


パン
Vieill
カメラマン
久恵さん
鷺ノ宮イタリアン
Trattoria Giuliese da emme トラットリア ジュリエーゼ ダ エンメ



車が壊れて買い替えします。ラジエターに穴が空きました。(泣)

探してます。台車1ヶ月の間に。

2016_9_16_3.jpg 


| わたくしごと | 01:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本宮健史個展がパリで

バルセロナ在住の従兄弟の健史くんが初めてパリで個展します。
パリへ行ったら寄ってくださいね。
GALERIE COUTERON Takeshi_Motomiya 

9月15日から10月末まで開催しています。

フランス語だけどチラシ

| わたくしごと | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

<